ポンティーのケチケチボートレース道

少ない予算でやりくりする「ケチケチボートレース」を実践していて、その時の予想や結果を公表しています。ボートレースを細く長く楽しむヒントがあるかも?なお、有料サイトへの勧誘などは一切ありません。ただのボートレースファンの戦いの記録です。

スポンサーリンク

ポンティーの気になるボートレース関連ニュース#1 「G2第2回全国ボートレース甲子園」のバーチャルオープニングセレモニーがYouTubeライブで7月7日(火)から配信されます!

スポンサーリンク

どうもポンティーです。

通常のケチケチボートレースの報告ブログを簡略化して、ちょっと時間に余裕を作りまして、ようやくこういうボートレースにまつわる話題の紹介などができるようになりました!

 

ポンティーなりに、ボートレースのすそ野を広げていきたいと思うので、不定期になると思いますが、ボートレースの関連ニュースをピックアップしていきます。

 

ただ紹介するだけでなく、おそらく初心者にはわかりづらいであろうことは、なるべく丁寧に解説していきますよ。

 

それで、今日の気になるニュースですが

『「G2第2回全国ボートレース甲子園」のバーチャルオープニングセレモニーがYouTubeライブで7月7日(火)から配信される』

というものです。

 

ニュースのソースはこちら↓(リンクが切れてたらごめんなさい)

「G2第2回全国ボートレース甲子園」のバーチャルオープニングセレモニーをYouTubeライブで7月7日(火)配信 | BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

 

要するに「ボートレースの大きい大会のバーチャルオープニングセレモニーが7月7日からYouTubeで配信されますよ」ということです。

 

 

本来、ボートレースでは、こういう大きい大会(「G2」のように頭にGがつくレース)だと、開催場でファンを前にして、選手のお披露目などのセレモニーが行われてきました。

 

しかし、コロナの影響でそんな観客を前にしたセレモニーなど行えるはずもなく、セレモニーの代わりに、出場選手のメッセージを配信するというわけなんですね。

 

まあ、たいていは、当たり障りのないメッセージになると思うんですが、選手の中にはこういう時に目立ってやろうと、何かパフォーマンスをブッ込んでくる選手もいると思います。

 

少なくとも、ファンを前にしたセレモニーでは、いろいろパフォーマンスする選手はいたので、今回の配信でもちょっと期待したいです。

 

もっとも、そういうパフォーマンスは、観客ありの状況でも大体スベッている印象が強いです。

 

ましてや、今回は観客なしの収録配信なので、一層スベる予感が漂いますが、必ずやそれを打ち破る猛者がいると期待します。

 

とはいえ、いくらコロナの影響によるものとはいえ、要はオープニングセレモニーを配信するというニュースなので、これだけならわざわざ取り上げません。

 

今回ポンティーがこのニュースを取り上げたのは

「ボートレース甲子園」が面白い企画だからです。

 

おそらくそんなにボートレースに興味のない人でも、この「ボートレース甲子園」という大会名はなんか気になりますよね。

 

まあでも、内容としてはおそらくお察しの通りです。

 

「ボートレース甲子園」とは、全国47都道府県から1名ずつ代表ボートレーサーを選出し、これに施工者推薦の5名を加えた計52名で優勝を争うという大会です。

 

こういうコンセプトで集められると、やっぱ、自分と出身が同じ選手の行方が気になるものです。

 

従来とちょっと違ったボートレースへのアプローチができるという点で、ポンティーはこの企画はいいとこ突いているなと思います。

 

また「ボートレース甲子園」のコンセプトを知った上で、オープニングセレモニーを視聴すると、もっと楽しめると思いますよ。

 

なお、各都道府県の代表選手は以下のページでチェックできますよ。

www.boatrace-sp.com

 

 

 

スポンサーリンク