ポンティーのケチケチボートレース道

少ない予算でやりくりする「ケチケチボートレース」を実践していて、その時の予想や結果を公表しています。ボートレースを細く長く楽しむヒントがあるかも?なお、有料サイトへの勧誘などは一切ありません。ただのボートレースファンの戦いの記録です。

スポンサーリンク

保険のおかげで最悪ではないが、なんか本当に微妙…。2020年2月19日inボートレース蒲郡 予想&結果

f:id:pon-tee:20200130102758j:plain

微妙やな…

 今日の川柳

ああ微妙 本当に微妙 まじ微妙

 

どうもポンティーです。

今日は優勝戦です。

今節はここまで-310円です。

優勝戦の日は、優勝戦のみに10口程度投票するので、本命舟券が的中すれば、このマイナスは十分カバーできる可能性はあります。

しかし、結果はもう本当に微妙でした。

 

それではケチケチボートレーススタート!

なお、ケチケチボートレースのルールをまとめた記事はここを押すと読めます。

 

 目次

 

ポンティーの勝負の結果だけ見たい場合は目次の「優勝戦の結果」をクリック(タップ)してください。

初心者の方は、目次の「展示航走の様子」や「優勝戦の予想」などは参考になる部分もあるかもしれませんよ。

 

本日の1~11Rまでの結果まとめ

今日の傾向を見るため11レースまでの結果をまとめます。

「G1第65回東海地区選手権競走」

(ボートレース蒲郡で開催)

 

  決まり手 2着 3着
1R 逃げ 5コース 4コース
2R 逃げ 2コース 3コース
3R 4コースまくり差し 3コース 5コース
4R 2コース差し 1コース 4コース
5R 逃げ 5コース 4コース
6R 逃げ 4コース 5コース
7R 逃げ 4コース 6コース
8R 逃げ 4コース 3コース
9R 逃げ 6コース 2コース
10R 逃げ 3コース 5コース
11R 逃げ 3コース 2コース

今日はかなり逃げ有利な水面のようです。

ついで優勢なコースは4コースです。

優勝戦メンバーを見ると、4コースとなりそうな4号艇は磯部です。

傾向からみると、逃げで2着3着に4を絡めるのがよさそうですが、さてどうしましょうか…。

 

優勝戦の各選手の紹介

1号艇:菊地孝平

www.instagram.com

今節は7走して3着1着1着1着4着2着1着という成績。

自分好みの足に仕上がっているとのこと。

スタートタイミングは一番遅くても0.15と非常に安定している。

この東海地区選手権は2連覇がかかるが、その可能性は濃厚といえる。

 

2号艇:池田浩二

www.instagram.com

今節は7走して1着2着1着2着1着5着1着。

アシには納得している模様。

スタートタイミングもさすがの安定感。

愛知からの東海地区選手権優勝は3年間なく、今年できるかどうかに注目。

 

3号艇:井口佳典

www.instagram.com

今節は7走して2着3着1着1着5着1着1着。

アシは中堅ぐらいとの評価で高くはない。

スタートは1・2号艇と比べるとやや劣る。

ただし、コース取りなどで思わぬ作戦を披露する可能性もある。

 

4号艇:磯部誠

www.instagram.com

今節は7走して2着1着3着4着2着1着2着。

行き足とターン回りがいいという自己評価。

スタートは自己平均と比べると今節はやや遅い。

今日の4コース有利な流れに乗っかれるのかどうか?

 

5号艇:安達裕樹

www.instagram.com

今節は7走して3着1着2着1着3着3着2着。

アシの評価はトップクラスと豪語。

優勝戦メンバーの中ですべて3着以内に入っているのはこの安達だけ。

その安定感は優勝戦でも発揮されるのか。

 

6号艇:谷野錬志

www.instagram.com

今節は7走して2着4着2着3着5着2着2着。

行き足がいいというコメント。

ただし、乗り心地をよくしたいというコメントもあり、まだ納得の域ではない様子。

今節はまだ1着がないが、それをこの優勝戦で出せるのか?

 

展示航走の様子

4号艇磯部はややピット離れ遅れたものの、枠なり3対3の展示でした。

磯部が遅れた理由の一つはチルトを0にセッティングしたことがあると思います。

この0セッティングはレース全体にも影響があるのではないかと感じました。

なお、ポンティー的には展示で動きがよく見えたのは5号艇安達でした。

この辺を加味して予想しようと思います。

 

優勝戦の予想

まず、1号艇菊地の逃げはほぼほぼ信頼でいいと思います。

一方、2着3着は結構悩んだんですが、ここは5号艇安達の連入を軸としました。

というのも、本番では磯部のピット離れ遅れによって、5号艇安達が4コースを奪取する可能性があるためです。

今日は4コースが連に絡む率が高いので、安達に注目しました。

また、枠なりのスタートになったとしても、今日は5コースのボートが11レース中5回は連に絡んでいます。

安達の動きの良さなら5コースからでも連には十分絡むと思いました。

 

ということでこの優勝戦に関しては

まず、3連単で

1-2-5 100円

1-3-5 100円

1-4-5 100円

1-5-2 100円

1-5-3 100円

1-5-4 100円

の計6点、600円分の投票をしました。

 

そして、保険として

2=3の拡連複:100円

5=6の拡連複:100円

2-1の2連単:100円

1-4の2連単:100円

の計4点の投票をしました。

安達が攻めると6号艇谷野が乗っかる可能性もあるので5=6の拡連複。

また、実力が拮抗している場合、2-1は十分あり得るので、保険として投票しました。

 

最終的には計10点で1,000円分の舟券を購入しました。

 

f:id:pon-tee:20200220094435p:plain

f:id:pon-tee:20200220094458p:plain

では、結果発表です。

 

優勝戦の結果

1着:2号艇 池田浩二

2着:1号艇 菊地孝平

3着:6号艇 谷野錬志

4着:4号艇 磯部誠

5着:3号艇 井口佳典

6着:5号艇 安達裕樹

ということで結果は「2-1-6」で2-1の2連単が的中

940円の配当でした。

 

まず進入は枠なりでした。

そして、スタートは内側の3艇が好スタートを決めました。

ただ、4号艇磯部はやや凹み、磯部よりも安達が前にいけそうだったので、チャンスはある!と思いました。

実際、安達はいい感じで1マークを回ろうとします。

ところが1周1マークで3号艇井口のボートがやや流れ、安達は進路を塞がれてしまいます。

この時点でポンティーは呆然となりました。

ところが、1周1マークの後で、2号艇池田がものすごい追い上げを見せ菊地を追い抜きます。

この2-1隊形が保たれたおかげで、保険として投票していた2-1の2連単は的中させられました

前節に続き、念のための保険がおりて、最悪の結果は免れました。

ただ、配当は940円でした。

2-1の配当としてはいい方ですが、この微妙に回収できなかったところがもうなんかモヤモヤします

 

もし、井口が3着だったら、2=3の拡連複も的中で、それだったら元金の1,000円は回収できていたと思います。

こういう時に、普段はほとんどそういうことのない井口がちょっと横に流れるという微妙な運転なんでやっぱモヤモヤします

 

というか、井口がしっかり運転していれば、安達はしっかり回れていたと思うんで、今日はもうなんか井口で微妙な気分にさせられたようなもんです。

 

でも、結果としては大敗は免れたんで、それを考えれば今節も楽しかったです。

それに、苦手としてたGIでここまで戦えたのはよかったです。

 

次GIに参戦するときはプラスで節を終えますよ!!

 

ということで

今節の結果です。

まず、今日は1,000円の投票に対して940円の配当でした。

f:id:pon-tee:20200220094647p:plain

60円のマイナスです。

 

累計は

2月14日 500円→760円で260円のプラス

2月15日 300円→0円で300円のマイナス

2月16日 500円→580円で80円のプラス

2月17日 400円→350円で50円のマイナス

2月18日 300円→0円で300円のマイナス

2月19日 1000円→940円で60円のマイナス。

合計 3,000円→2,630円で、トータルで-370円という結果でした。

 

ほんと、微妙な結果です。

こんなことなら、昨日は1号艇中心の舟券で攻めていればよかったですね。

やっぱ常に最善の手を考えて尽くすことが大事なのでしょうね。

まあでも、それでも、まだ今年は累計ではプラスを保っています。

しかし、こんな状態が続けばマイナスになるのは至極当然のこと。

次はしっかり優勝戦取って、プラスで終えたい!

 

ということで、次の勝負は、ボートレース大村です。

2月27日から3月4日まで開催の

「第15回公営レーシングプレスカップ」で勝負します。

 

7日間開催のロングランレースです。

働き方改革的にこの7連勤はどうなのか、というのは置いといて、単純に長く楽しめるのはありがたいです。

 

今度は、イン優勢の大村で、オール男子の一般戦です。

3連敗も嫌ですしね、次こそは必ず勝利を!

ってもう、あしゅら男爵の気分だわ…。

 

それではごきげんよう。

ここまで読んでくれた方には本当に感謝です。

スポンサーリンク