ポンティーのケチケチボートレース道

少ない予算でやりくりする「ケチケチボートレース」を実践していて、その時の予想や結果を公表しています。ボートレースを細く長く楽しむヒントがあるかも?なお、有料サイトへの勧誘などは一切ありません。ただのボートレースファンの戦いの記録です。

スポンサーリンク

保険をかけていて最悪の結果は免れました。2020年2月9日inボートレース蒲郡 予想&結果

f:id:pon-tee:20200126230819p:plain



 

 

別の記事で触れていますが、本日2月9日、ボートレーサー松本勝也選手が、航走中の事故で亡くなりました。

心よりお悔やみ申し上げます。

この事故についての所感は別記事で述べていますので、この記事はあくまで通常運転で行きたいと思います。

こんな時に投票かよ!という意見もあると思いますが、それでも目の前で走るボートレーサーがいる以上、予定は遂行します。

 

ということで、どうもポンティーです。

今日は優勝戦です。

今節はここまで-400円です。

なんとしても、ここで的中し3節連続プラス収支で終えたいものです。

 

それではケチケチボートレーススタート!

なお、ケチケチボートレースのルールをまとめた記事はここを押すと読めます。

 

目次

 

 ポンティーの勝負の結果だけ見たい場合は目次の「優勝戦の結果」をクリック(タップ)してください。

 

本日の1~11Rまでの結果まとめ

今日の傾向を見るため11レースまでの結果をまとめます。

「中日スポーツ賞第40回龍神杯」

 

  決まり手 2着 3着
1R 3コースまくり差し 1コース 2コース
2R 逃げ 4コース 3コース
3R 2コース差し 1コース 4コース
4R 逃げ 3コース 6コース
5R 5コースまくり 4コース 1コース
6R 5コース抜き 1コース 3コース
7R 逃げ 4コース 3コース
8R 逃げ 5コース 2コース
9R 3コースまくり 1コース 5コース
10R 2コース差し 3コース 1コース

(ボートレース蒲郡で開催)

 

逃げは劣勢というほどではないですが、決して好調ともいえません。

優勝戦に進出する選手のコメントも自信があるものが多く、かなり悩みそうです。

 

優勝戦の各選手の紹介

1号艇:奈須啓太

www.instagram.com

今節は7走して1着1着2着2着2着1着1着という非常に安定した成績。

「舟足はめちゃくちゃよい」とのこと。

これまでのスタートタイミングも安定している。

スタートしっかり行けば、他艇はよせつけないと思われる。

 

2号艇:池永太

www.instagram.com

今節は8走して1着3着3着1着1着3着4着1着。

舟足は「全体的な底上げができた」とのこと。

また、優勝戦では伸びを重視したい考えとのこと。

ということは、速いスタートで2コースながらまくりを狙っているのか?

 

3号艇:坪口竜也

www.instagram.com

今節は7走して2着2着5着3着1着2着1着。

足はバランスが良くて不満はないとのこと。

また、スタートが勘通りというのが頼もしい。

ポンティーの予想が的中するかどうかのキーマンはこの選手。

 

4号艇:松崎祐太郎

www.instagram.com

今節は8走して1着1着1着2着3着1着2着2着。

すべて3着に入着しているのは1号艇奈須と松崎だけ。

舟足は出足中心で問題はないと、ここも自信のコメント。

成績同様スタートタイミングも安定している。

2号艇3号艇の動きに乗じて展開を突く足は十分ある。

 

5号艇:渡辺浩司

www.instagram.com

今節は8走して4着4着1着1着4着4着1着2着。

優勝戦メンバーの中で唯一舟足にあまり自信がないコメント。

それでもスタートは安定している。

隣の松崎の動きいかんではスタートを活かして展開を突くかも?

 

6号艇:佐藤博亮

www.instagram.com

今節は7走して2着3着5着2着2着2着2着。

優勝戦メンバーで唯一の地元勢。

舟足評価はトップ級とかなりの自信。

スタートも安定していて、ダッシュの方がよく見えるとのこと。

1~5号艇まですべて九州勢という中で存在感を見せつけられるのか?

 

展示航走の様子

スタート展示は2号艇3号艇がフライングで、あとはかなり良いスタートタイミング。

2・3号艇は本番ではアジャストが必要だが、本番でも高レベルのスタートとなりそう

周回展示の見え方は5号艇渡辺がちょっと劣るかなと感じたぐらいで、さすがにみないい足をしていました。

外枠が1着を強奪するのはやはり難しそうで、1号艇奈須がやはり有利と感じました。

 

優勝戦の予想

やはり1号艇奈須の1着が予想の軸です。

そして対抗には4号艇松崎を考えました。

2号艇も3号艇も行き足がいい故に、そこで競っている間を松崎が突くという展開予想です。

そして、今回は5号艇6号艇もスタート巧者なので、3着内の入着はあるかもと思いました。

 

ということでこの優勝戦に関しては

まず、3連単で

1-4-2 100円

1-4-4 100円

1-4-5 100円

1-4-6 100円

1-2-4 200円

1-3-4 100円

1-5-4 100円

1-6-4 100円

の計8点、900円分の投票をしました。

 

ただ、2号艇池永の整備も気になります。

なので、保険として

2の単勝 100円 にも投票しました。

 

ということで、最終的には

計9点、1000円分の投票をしました。

※1画面では収まらないので写真は2枚に分けての掲載です。

f:id:pon-tee:20200210001343p:plain

f:id:pon-tee:20200210001400p:plain


 

では、結果発表です。

 

優勝戦の結果

1着:2号艇 池永太

2着:4号艇 松崎祐太郎

3着:3号艇 坪口竜也

4着:6号艇 佐藤博亮

5着:1号艇 奈須啓太

6着:5号艇 渡辺浩司

ということで結果は「2-4-3」で2の単勝のみ的中

580円の配当でした。

1号艇奈須のスタートタイミングは0.14。

決して悪い数字ではないのですが、2号艇池永は0.10でした。

 奈須は伸び返すも、伸び仕様にしていた池永が並走してプレッシャーを与えます。

そのプレッシャーに屈したのか、奈須は1マーク周回後にだいぶ外側に流れてしまいます。

そこを池永が差して先頭に立ちます。

このトップは覆ることなく、本命の予想は外れでした。 

 

ということで

今節の結果です。

まず、今日は1,000円の投票に対して580円の配当でした。

f:id:pon-tee:20200210002139p:plain420円のマイナスです。

 

累計は

2月5日 500円→880円で380円のプラス

2月6日 500円→230円で270円のマイナス

2月7日 500円→280円で220円のマイナス

2月8日 500円→210円で290円のマイナス

2月9日 1000円→580円で420円のマイナス

 

合計 3,000円→2,180円で、トータルで-820円という結果でした。

 

やはり今日は松本選手の件が気になって、レースは気もそぞろという面はあったと思います。

でも、今日の結果は、集中すれば的中できたかというと、どのみち外したと思います。

それでも、念のため2の単勝に投票して、1000円丸々失うことを避けたのは、よくやったと思います。

まだ、今年の累計では2000円程度のプラスなので、またこれから頑張ります。

 

ということで、次の勝負は、またまたボートレース蒲郡です。

2月14日から2月19日まで開催の

「GI 第65回東海地区選手権競走」で勝負します。

 

GIなので、凄腕の選手が大挙してきます。

ただ、何度か書いてますが、ポンティーはGIやSGなどのグレードレースは苦手です。

でも、2連敗は避けたいので、なんとかうまく付き合える方法を模索していきたいと思います。

 

それではごきげんよう。

ここまで読んでくれた方には本当に感謝です。

スポンサーリンク