ポンティーのケチケチボートレース道

少ない予算でやりくりする「ケチケチボートレース」を実践していて、その時の予想や結果を公表しています。ボートレースを細く長く楽しむヒントがあるかも?なお、有料サイトへの勧誘などは一切ありません。ただのボートレースファンの戦いの記録です。

スポンサーリンク

ケチケチボートレースの結果をアップするようになって初の2節連続プラス収支!2020年2月1日inボートレース蒲郡 予想&結果

f:id:pon-tee:20200114230646p:plain



今日の川柳

今日の勝ち 勝利のカギは 2号艇

 

どうもポンティーです。

なんと、2節連続でプラス収支を達成しました!

ブログで結果を公表するようになって初めてのことです。

とりあえず、前節や今節のポンティーの舟券戦術は有効だったわけですね。

よかったら、今日の優勝戦に投票するときの考え方など、ぜひご参考ください。

 

それではケチケチボートレーススタート!

なお、ケチケチボートレースのルールをまとめた記事はここを押すと読めます。

 

 ポンティーの勝負の結果だけ見たい場合は目次の「優勝戦の結果」をクリック(タップ)してください。

初心者の方は、目次の「展示航走の様子」や「優勝戦の予想」などは参考になる部分もあるかもしれませんよ。

 

目次

 

本日の1~11Rまでの結果まとめ

今日の傾向を見るため11レースまでの結果をまとめます。

「サンベリー蒲郡いちご杯」

(ボートレース蒲郡で開催)

 

  決まり手 2着 3着
1R 逃げ 3コース 5コース
2R 逃げ 2コース 5コース
3R 逃げ 2コース 3コース
4R 3コースまくり 2コース 5コース
5R 1コース抜き 5コース 6コース
6R 逃げ 5コース 2コース
7R 逃げ 4コース 3コース
8R 3コースまくり差し 2コース 4コース
9R 5コースまくり差し 2コース 4コース
10R 逃げ 2コース 3コース
11R 2コース差し 1コース 3コース

11レース中逃げが6本と、ようやく逃げ有利の水面が戻ってきました。

あと注目は2コースです。

今日は11レース中8レースで2コースのボートが連に絡んでいます。

そして、優勝戦の2号艇は倉谷です。

ポンティーの中では、優勝戦のカギを握るのは倉谷と感じました。

 

優勝戦の各選手の紹介

1号艇:白井友晴

※適当なインスタがありませんでした。

今節は7走して4着3着1着2着3着2着1着という成績。

本人としてはあまり納得のいっていない舟足ながら大崩れなく1号艇ゲット。

スタートが勘通りというコメントが頼もしい。

今回、準優勝戦1号艇がすべて敗れるという波乱の中で掴んだ1号艇。

このいい流れを優勝戦でも発揮できるか?

 

2号艇:倉谷和信

www.instagram.com

今節は8走して3着2着5着1着3着3着4着1着。

蒲郡巧者の大ベテラン。

内側のコースを狙いに行くことが多く、2コースでの戦い方は十分心得ている。

スタートはおおむね安定しているが、このスタートで隣の瀬尾にひけをとらないことが、勝利への条件か?

 

3号艇:瀬尾達也

www.instagram.com

今節は7走して5着1着1着4着2着3着1着。

とにかく今節は抜群の伸び足を誇る。

また、スタートタイミングが非常に早い。

このスタートと驚異の伸びならば、優勝も十分にあり得る。

 

4号艇:抹香雄三

※適当なインスタがありませんでした。

今節は7走して4着2着1着1着2着6着2着。

優勝戦メンバーの中では一番2連対率の高いモーターで、相性もよかったようだ。

ただし、スタートタイミングが0.30台の時もあり、やや不安。

優勝戦のこの日がバースデーということで、バースデーでの初優勝を目指す。

 

5号艇:松浦博人

※適当なインスタがありませんでした。

今節は7走して1着6着1着2着1着4着2着。

B1級ながら、後半の強豪ぞろいのレースでも上位着をとるほどの好調ぶり。

スタートは安定している。

本人は展開を突ける足があるとコメントしており、不気味な存在。

 

6号艇:黒柳浩孝

www.instagram.com

※左上の選手です。

今節は7走して2着2着2着3着1着3着2着。

優勝戦メンバーで唯一の地元勢。

実は6人の中で唯一オール3着以内。

今節は6コースから2着に食い込んだこともあり、侮れない存在。

 

展示航走の様子

進入は枠なりでした。

倉谷も最初から2コースならコース取りに動くことはなく、おそらく本番も枠なりだ思います。

周回の様子を見る限り、どの選手もいい雰囲気の足色でした。

皆がいい感じなら、内側の艇が有利な展開になるのかなと感じました。

 

優勝戦の予想

各種展示タイムではすべてにおいて1号艇白井がトップの成績でした。

展示航走の見た目もとてもよかったです。

白井はコメントで、スタートも勘通りと述べており、それが本当ならやはり1号艇の頭で行くべきかと思いました。

 

ただ、昨日の準優勝戦で、5コースから一気にまくって1着をもぎ取った瀬尾が3号艇にいることがどうしても気になります。

瀬尾はこのレースもチルト0度にしており、スタートを決めて驚異の伸びを武器に、一気に優勝を頂く作戦であることがわかります。

 

となると、ここでカギを握るのが、冒頭でも述べた通り2号艇の倉谷になると考えました。

 

要するに、倉谷がスタート失敗すると、3コースから瀬尾が一気にまくる可能性があり、倉谷が瀬尾に負けないスタートを決めれば、瀬尾の攻めは失敗する可能性があるということです。

 

倉谷の平均スタートタイミングは0.13でこれは非常にいい数字です。

しかし、瀬尾の平均スタートタイミングはは0.11と驚異の数字です。

 

ただ、内側を狙って動くことが多い倉谷にとって、2コースは慣れ親しんだコースです。

 

なので、ここは倉谷がスタートを決めて壁になり、瀬尾の攻めは1号艇の白井には届かないという可能性を選びました。

 

なので、結局は、1コース白井が先に回って逃げ、2コース倉谷は差しで、3コース瀬尾は外から攻めるという、基本的なパターンになると感じました。

 

また、倉谷と瀬尾が競っているスキを突いて、4コースの抹香が連に絡む可能性まではあると考えました。

 

一方、5号艇6号艇はその4艇に割って入るのは難しいだろうと思いました。

 

ということでこの優勝戦に関しては

まず、3連単で

1-2-3 200円

1-2-4 200円

1-3-4 100円

1-3-2 100円

1-4-2 100円

1-4-3 100円

の計6点、800円分の投票をしました。

 

ただ、3号艇瀬尾の攻めを1号艇白井がブロックしている間に2号艇倉谷がトップに立つ可能性もあります。

また、3号艇瀬尾の一気の攻めが決まる可能性ももちろんあります。

ですので、損失を少しでも軽減する保険として

2の単勝 100円

3の単勝 100円 にも投票しました。

 

ということで、最終的には

計8点、1000円分の投票をしました。

f:id:pon-tee:20200201234051p:plain

 

 では、結果発表です。

 

優勝戦の結果

1着:1号艇 白井友晴

2着:4号艇 抹香雄三

3着:2号艇 倉谷和信

4着:6号艇 松浦博人

5着:5号艇 黒柳浩孝

6着:3号艇 瀬尾達也

ということで結果は「1-4-2」で的中!

確定オッズ33.1倍×100円=3,310円の配当となりました!!

 

コース争いはなく、枠なりでのスタート。

1号艇白井のスタートタイミングは0.17、2号艇倉谷は0.13、3号艇瀬尾は0.09。

やはり瀬尾おそるべしですが、2号艇倉谷は瀬尾にまくられることはありませんでした。

そのおかげで、1号艇白井は余裕をもって1マークを回りトップに立ちます。

また、思惑通り、2号艇と3号艇が競ってる間を4号艇抹香がズバッと切り込んできます。

展開をとらえた抹香はそのまま2位をキープ。

そして、抹香の差しによる引き波に飲まれた瀬尾は沈み、引き波の影響がなかった倉谷が3番手で追走します。

ただ、最後まで1-4-2の隊形が覆ることはありませんでした。

 

 

ということで

今節の結果です。

まず、今日は1,000円の投票に対して3,310円の配当でした。

なんと2,310円のプラスです。

f:id:pon-tee:20200201234231p:plain

 累計は

1月28日 500円→640円で140円のプラス。

1月29日 400円→380円で20円のマイナス。

1月30日 400円→440円で40円のプラス

1月31日 400円→120円で280円のマイナス。

2月1日 1000円→3310円で2310円のプラス。

 

合計 2,700円→4,890円で、トータルで+2,190円という結果でした。

 

ある程度の展開予想まで含めて的中したのが嬉しかったですね。

 

なお、前節は+760円という結果で、今節でさらに2,190円上積みされるので、今年のケチケチボートレースは、今のところ+2,950円という結果です。

 

ポンティーは、一節で負けてもいい予算を2,000円までとしているので、もう次の節は、予算を使い切っても、それでもまだプラス収支を保てます。

 

この余裕のある状況だからこそ、しっかり楽しんで、さらに勝ち続けていきたいですね!

 

なお、次の勝負は、またボートレース蒲郡です。

2月5日から2月9日まで開催の

「中日スポーツ賞第40回龍神杯」で勝負します。

 

もし、次のシリーズもプラスにできたら、コメントとかでほめてください(笑)。

 

それではごきげんよう。

ここまで読んでくれた方には本当に感謝です。

スポンサーリンク