ポンティーのケチケチボートレース道

少ない予算でやりくりする「ケチケチボートレース」を実践していて、その時の予想や結果を公表しています。ボートレースを細く長く楽しむヒントがあるかも?なお、有料サイトへの勧誘などは一切ありません。ただのボートレースファンの戦いの記録です。

スポンサーリンク

それでも明日のレースも楽しみなんです!2019年12月15日inボートレース蒲郡 結果

f:id:pon-tee:20191112104803p:plain

 

なんだろう やまない雨も あるみたい

 

どうもポンティーです!

もう先に書きますけど、今日も惨敗でした。

やまない雨はないといいますが、今のところやみそうな気配がないです。

もう本当はブログで発表するテンションなどあろうはずもありません。

ただ、ケチケチボートレースの大きな目的は、細く長くボートレースを楽しむことです。

負けが込んでいる時こそ、ルールを守ることで、大きな損失を抑えることができます。

そういう姿を見せるためにも、今日も正直に結果をアップします。

 

それでは、ケチケチボートレーススタート!

なお、ケチケチボートレースのルールはこちら↓

www.pon-t.com

 目次

 

 本日の1~8Rまでの結果まとめ

今日の傾向を見るため8レースまでの結果をまとめます。

創刊70周年記念日刊スポーツ杯争奪49回蒲郡大賞典

(ボートレース蒲郡で開催)

 

  決まり手 2着 3着
1R 2コース差し 3コース 1コース
2R 逃げ 2コース 3コース
3R 逃げ 4コース 3コース
4R 2コース抜き 1コース 6コース
5R 2コース差し 1コース 6コース
6R 逃げ 4コース 3コース
7R 4コースまくり 2コース 6コース
8R 逃げ 4コース 2コース

 

今日は8レースまで見るとバラエティに富んだ決着です。

6コース発進の選手が3着に入るレースが3本もあって、今日はなかなか予想の方向性を定められない感じです。

まあ、でも、最近調子が悪いので、意外とこういう日は読みが当たるかも?そんな淡い期待を抱いて9レースから参戦しました。

実際に、本当に淡い期待で終わってしまいましたが。

 

第9R:予想と結果

出場選手

1号艇:下田哲也

2号艇:廣瀬真也

3号艇:重木輝彦

4号艇:関裕也

5号艇:亀山雅幸

6号艇:小森信雄

このレースで気になるのは4号艇関です。

関は今節やたら進入から動いて少しでも内側のコースをぶんどってきます。

ただ、この展示では動かずに4コースから展示航走をしました。

でも、本番は動いてくるという想定で考えることにしました。

2コースか3コースに関が動いてくると仮定しました。

もしそうなった場合、1号艇の下田はかなり進入が深くなると思います。

そうなると満足な助走距離がとれなくなります。

その結果、3コースや4コースになると思われる廣瀬や重木の攻めが決まるだろうと思いました。

ということで

2=3の拡連複:100円」に投票しました。

f:id:pon-tee:20191215235152p:plain

まあ、関が動かなかったら半ば終わりですが、動かなかったとしても2と3が連に絡む可能性は低くはないと思います。

結果は3-1-6で外れ!100円→0円に…。

4コースの関がトップスタートを決めてまくりにかかりました。

ところが、3コース重木がこれに激しく抵抗してまくりを防ぎつつ、逆に重木が1号艇と2号艇をまくってトップに出る展開となりました。

このため、進路をやや阻まれた2号艇廣瀬は引き波にのまれて上位に食い込めませんでした。

ここで廣瀬がもう少し早いスタートを決めて入れば的中だったかもしれません。

ていうかもう最近こういうレバタラが多いですね。

 

第10R:予想と結果

出場選手

1号艇:池田雄祐

2号艇:石原翼

3号艇:上村純一

4号艇:和合俊介

5号艇:草場康幸

6号艇:小畑実成

本番は枠なりスタートで想定しました。

しかし、この展示航走中、親子連れと思われる「いーけーだー!」のコールが盛んに聞こえてきて、聞いてるこっちがちょっと恥ずかしかったです。

ネット中継用のカメラがどこにあるかはわかりませんが、大きい声がネット越しに視聴者に届くことは蒲郡ではよくあります。

ただ、その応援も納得がいくというか、ここは1号艇池田のためのレースだと感じました。

他の選手も動きは悪くないですが、池田はその中でもダントツに良いと感じました。

スタートうまくいけば外から攻められることはないと思います。

2号艇の石原もスタートを決めて壁になってくれることを願って

1の単勝:100円

1の複勝:100円」に投票しました。

f:id:pon-tee:20191215235338p:plain

単勝200円にしなかったのは、万一池田が2着でも配当を得られるようにということもありますが、意外と1号艇の場合、単勝よりも複勝の方が配当がよい場合もあるので、その点も考慮して2つに分けました。

ただ、池田が破れると、もうこの時点で負けてもいい予算の300円に達するので今日はもうゲームーバーです。

 

結果は3-2-6でまさかの外れ!200円→0円に…。

悪夢とはこのことです。

1コース池田はスタートもばっちり決めて、もう大丈夫だと思いました。

3コースの上村がまくりを狙ってきましたが、それも十分跳ね返せると思いました。

ところが、1周1マークを回るときに池田のボートの先がちょっと浮かんで少し失速します

その少しの失速が上村に攻めるスキを与え、池田は上村に完全にまくられてしまいました

「それでもせめて2着にとどまってくれれば複勝だけでもあたる!」と思ったものの、その願いも届かないどころか、よもやの池田4着という結果に。

なお、本命の池田が3着にも入らなかったので、このレースの3連単配当は49,290円と高配当でした。

まあ、ポンティーもショックでしたが、展示航走から声を張り上げて応援していた親子連れらしき一団もショックだったでしょうね。

 

ま、ルールにのっとり、今日はもうここまでです。

それでも、明日以降のために、残り2レースも見るだけは見ます。

 

第11R:予想と結果

出場選手

1号艇:桐本康臣

2号艇:武重雄介

3号艇:伊達正利

4号艇:中澤和志

5号艇:松江秀徳

6号艇:横井光弘

 

結果は1-4-2で本命決着でした。

2号艇のピット離れが悪くて、付け直す形になりましたが、それでもそこまで深い進入にならず、枠なりでのスタートでした。

こうなると、地力に勝る桐本と中澤が1着2着になるのはたやすいものです。

しかし、昨日もそうでしたが中澤のレースは見ごたえがあります

明日こそは中澤のいるレースに投票したいものです。

 

第12R:予想と結果

出場選手

1号艇:松本勝也

2号艇:黄金井力良

3号艇:照屋厚仁

4号艇:岡谷健吾

5号艇:杉山正樹

6号艇:岩永節也

結果は1-3-5でここも本命決着でした。

調子がよくて注目していた4号艇岡谷と5号艇杉山の動きに注目のレースでした。

枠なりでのスタートでしたが、内側3艇のスタートがよくて、岡谷も杉山もやや攻めあぐねた形となりました。

そして、岡谷はうまく回れずに2号艇の後ろに接触してしまい転覆しました。

また、そのあおりを受けて杉山も1周目を回るのがちょっと遅れて、1-3-2の隊形でレースは進みました。

しかし、1周2マークを回るときに杉山が好旋回をはなって3位に浮上しました。

やはり杉山の調子はかなりいいようです。

 

ちなみに、レースの最中にボートが転覆すると、すぐレスキュー艇が駆けつける体制になっています。

レースは続行しますが、残ったレーサーは、レスキュー艇を避けるようにゆっくり旋回するのがルールとなっていて、スピードを出して競うことはもうできません。

なので、転覆などの事故が発生すると、その時の順位のまま、ただボートがぐるぐる回るだけとなります

その時点で的中している人にとっては、実に楽しい光景ですが、外れた人にすれば、ただただむなしいパレードとなってしまいます。

 

 今日の結果

ということで、今日は300円の投票に対し0円の配当でした。

f:id:pon-tee:20191215235733p:plain

300円のマイナスですね。

累計は

12月13日 300円→0円で300円のマイナス。

12月14日 400円→220円で180円のマイナス。

12月15日 300円→0円で300円のマイナス。

累計では780円のマイナスです。

 

正直モヤモヤしています。

こうやって負けが込んでくると、早く挽回したいという気持ちもあるにはあります。

ただ、こんな時にさらに勝負を挑んでも、たいてい無駄に終わるものです。

しかし、ルールを決めていなければ、今日なんかはずるずると11レース12レースと手を出していたかもしれません。

でも、不思議なもので、ルールを決めておくと、そこまで後ろ髪を引かれることなくスパッと中断できるものです。

あと、こうやってブログに公表しているということも、ルール破りという暴走を抑える力となっていると思います。

もし、ボートレースに興味はあるけど、ついのめり込んで散財するかもと思う人は、ぜひポンティーのようにルールをきっちり決めてチャレンジしてみたらいいと思います。

まあ、ポンティーの1節の予算は2,000円で、これはかなりシビアなので、金額まで真似する必要はないですが、とにかく自分の経済状況に見合った予算を出して、それを超えないように守っていけば、長く楽しめると思いますよ。

実際、これだけ外していても、ポンティーは明日のレースが待ち遠しくてたまりません!

 

それでは今日はここまでです。

最後まで目を通していただいて感謝です。

スポンサーリンク